ソロモンの名言

ソロモンのプロフィール

ソロモン王

ソロモン(Solomon/紀元前1011年頃-紀元前931年頃/男性)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエルの第3代目国王であり、イスラエルの最盛期を築いたとされる人物。父はダビデ(David/古代イスラエル王)、母はバト・シェバ(Bathsheba)。歴史的な裏づけはないものの、ユダヤ教の伝承によって旧約聖書のヨブ記、箴言、伝道者の書、詩篇の一部などのいわゆる「知恵文学」の作者とされている。また偉大な知恵者とされたソロモンにまつわる伝説から、ソロモンに由来するとされる多くの偽の文献群が制作されており、魔術師が悪霊を呼び出す術について記したものなど、本来のソロモン伝承とは趣を異にする偽ソロモン文書が多く流布していることでも知られる。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

ソロモンの名言集

人の本当の値打ちは
持っている宝石の数
でもなければ
黄金の数でもない。

地位でもなければ
名誉でもない。
ただ信念に尽きる。

この世で最も醜いものは
『誠実』が
『不誠実』に変わること。

この世で最も美しいのは
罪を犯したものが
それを悔いること。

陽気な心は
薬のように
人のためになる。

教えはつねに胸に抱き
決して手放してはならない。

心から大切にせよ
それが自分の
生き方となるのだから。

愚か者の唇は
口論を招き。

その口は
暴力を招く。

知恵のある者は
命令を受け入れる
懐の深さがある。

口先だけの愚か者には
いずれ破滅が訪れる。

問題が起きたときにひるむのは
弱さの表れである。

嘘をついてなした財は
はかなく消え去る霧であり
災いの元である。

惜しみなく与える者は
なお多くを手にし

理不尽なほど与えない者は
いずれ貧する。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る