トリイ・ヘイデンの名言

トリイ・ヘイデンのプロフィール

トリイ・ヘイデン

トリイ・ヘイデン(Torey Hayden/1951年5月21日-/女性)は、アメリカ・モンタナ州出身の児童心理学者教師著述家。情緒障害児教室や福祉施設での児童との交流を綴った『シーラという子』などに代表される作品などを発表しているほか、執筆活動のかたわら農業を営み、児童心理学の観点からのカウンセリングなども手掛けている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+トリイ・ヘイデン公式サイト)

著書

主な著書(邦訳書)に『シーラという子 虐待されたある少女の物語/早川書房』『よその子 見放された子どもたちの物語/早川書房』『檻のなかの子 憎悪にとらわれた少年の物語/早川書房』『タイガーと呼ばれた子 愛に飢えたある少女の物語/早川書房』『愛されない子 絶望したある生徒の物語/早川書房』『幽霊のような子 恐怖をかかえた少女の物語/早川書房』『ヴィーナスという子 存在を忘れられた少女の物語/早川書房』『霧のなかの子 行き場を失った子どもたちの物語/早川書房』『ひまわりの森/早川書房』『最悪なことリスト/早川書房』『機械じかけの猫/早川書房』などがある。

トリイ・ヘイデンの名言集

私たちはみんな
多かれ少なかれ
傷ついています。

そして一旦傷つくと
心を閉じてしまうのです。

その傷が癒されるには
時間を必要とするでしょう。

でもこれだけは忘れないで
心の扉の鍵は捨てないで
しっかり持っていてください。

そうよ、大変よ
それを叶えるのは
物凄く大変だわ。

だけど「大変」
というのは
「不可能」というのとは
違うのよ。

人間の最大の魔法は
おそらく笑うことよ。

私たちはどんなに
絶望的な状況に陥っても

笑うことによって
精神を立て直すことが
できるのよ。

安全であるということが
ものすごく大事なの。

安心感がなければ
成長だってできない。

安全性がないとき
人は防衛に
すべてのエネルギーを使うの。

私たちに選べるのは
良いにしろ悪いにしろ
何かが起こったときに

自分が何をするか
ということだけなのよ。

何が起こるかなんてことは
選べない。

だけど、それでどうするかは
あなたが選べるの。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る