丸幸弘の名言

丸幸弘のプロフィール

丸幸弘

丸 幸弘(まる ゆきひろ/1978年-/男性)は、奈川県横浜市出身の実業家。株式会社リバネス代表取締役CEOを務める人物。2002年に理工系大学生・大学院生15人で科学ベンチャー企業「リバネス」を設立し、日本初となる民間企業による先端科学実験教室事業を開始。中高生に最先端科学を伝える取組みとして「出前実験教室」を中心に200以上のプロジェクトを手掛ける。2011年には飲食店などが自分たちで野菜を作って店で使う「店産店消」(てんさんてんしょう)の植物工場でグッドデザイン賞ビジネスソリューション部門を受賞。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。/日本実業出版社)

著書

主な著書に『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。科学者集団リバネスのイノベーションを起こすしくみ/日本実業出版社』『企業ー学校連携型の科学教育システムで日本の科学離れを防ぐ/アドスリー(電子書籍)』などがある。

丸幸弘の名言集

モチベーションではなく
パッションを
コントロールすること。

(モチベーション:やる気
パッション:情熱)

何かをやりたいという
強いパッションを
もっている人間は

それを可能にするために
力を注ぎます。

面白いアイデアを考え
経営者はそれをマネタイズする

(マネタイズ:収益を生み出す
サービスにすること)

異分野同士の
「架け橋」になることが
イノベーションを生むカギ。

途方もなく大きな
ビジョンに向けて
本気でたどり着こうとすると

さまざまなアイデアが
生まれてくる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る