マーク・フォースターの名言

マーク・フォースターのプロフィール

マーク・フォースター
書籍一覧

マーク・フォースター(Mark Forster)は、イギリスのビジネス・コーチビジネス書作家。企業幹部や個人事業主を主な対象に、タイム・マネジメントや仕事の能率に関するコーチングを行っている人物。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「マニャーナの法則」「できる人は5分間で仕事が終わる」などがある。

マーク・フォースターの名言集

システム。
これが鍵です。

うまくいかない事があったら、
時間をかけて、
うまくいくようなシステムを
作ってしまいなさい。

システムを作るのに
どれだけの時間がかかろうとも、

その見返りは、
100倍になって返って来ます。

仕事に向き合うことと、
仕事をすることは違います。

仕事をするというのは、
仕事から派生する
細かい通常業務に取り組むことです。

クライアントへの対応、
製品制作、会計処理など、
仕事に必要な業務を処理することです。

一方で、仕事に向き合うというのは、
仕事の対象について考えることです。

つまり、仕事の将来について考える、
構想をふくませる、目標を設定する、
新しい企画を考える、計画を立案する、
といったことです。

よく起きる問題は、
仕事に必要な細かい業務に埋没してしまい、
仕事に向き合えなくなることですが、
成功するにはどちらも欠かせないのです。

仕事に必要な業務が処理出来なければ、
仕事について考えても意味がない
とする人はいても、

仕事の将来を考えずに、 目の前の業務を処理しても意味がない
と考える人はあまりいません。

しかし、こうした戦略的構想を欠いてしまうと、
事業の成長を止める原因となります。

つまり、生活の中に
考える時間を組み入れることが
大切だということです。

深く考えること。
これが大切です。

毎日、この考える時間を
持っておくこと。

自分自身との対話の時間が、
なによりも価値があることを
忘れてはいけません。

世の中には何の価値もない仕事に、
長い時間を割いている人が
たくさんいるのです。

新しい仕事に出会ったら、
引き受ける前に必ず、
「この仕事は、今の仕事より価値があるのか?」
と問いかけて下さい。

すでに一日二十四時間、
仕事で埋め尽くされていることも
忘れてはいけません。

それでも引き受けるなら、
今やっている仕事を
どれかあきらめる必要があります。

やらなければいけないことは、
やらなければいけない。

つまり、あなたの仕事は、
どんなものでも順番に
手が回るようにしなければならない。

時間に制限のない状況で働くのは、
制限のある場合よりも
効率が落ちるのです

困難を避ける代わりに、
困難に出くわしたら、
すぐに立ち向かうこと。

衝動ではなく、
決断に基づいて行動しなさい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る