岡本彰夫の名言

岡本彰夫のプロフィール

神様にほめられる生き方 岡本彰夫

岡本 彰夫(おかもと あきお/1954年-/男性)は、春日大社の権宮司を務めた神職。奈良県出身。1977年國學院大學文学部神道科を卒業後、春日大社に奉職。2001年に権宮司となり、2015年まで同職を務める。また国立奈良女子大学文学部非常勤講師や帝塚山大学非常勤講師、帝塚山大学特別客員教授、宇賀志屋文庫庫長などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+神様にほめられる生き方/幻冬舎)

著書

主な著書に『神様が持たせてくれた弁当箱/幻冬舎』『日本人だけが知っている神様にほめられる生き方/幻冬舎』『大和古物拾遺/ぺりかん社』『大和古物散策/ぺりかん社』などがある。

岡本彰夫の名言集

感謝は
幸せへの入り口。

努力を続けた人が
最高の人生を送れる。

ものを粗末に扱う人は
天から責めを受けます。

大切にすれば
運命が開けます。

正しい道を歩み
筋道を教えるのが
親の役目です。

努力は気づかれないところで
するものです。

自分の役割を知る人が
成功できる。

上へ上へと伸びるより
奥へ奥へと歩みなさい。

人生、つまづかないと
いい知恵は出ません。

誰でも合理性を求めて
最短距離を選びますが

寄り道のような
無駄な部分にこそ
大切なものがある。

打算のない行動が
運命を開く。

運を招くためには
損得ばかり
追求してはいけない。

代償を求めない行動こそが
運を招き寄せる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る