ティモシー・ガルウェイの名言

ティモシー・ガルウェイのプロフィール

インナーゲーム オブ ストレス ティモシー・ガルウェイ

ティモシー・ガルウェイ(W. Timothy Gallwey/1938年-/男性)は、コーチングについての方法論で知られるテニスコ-チ著述家。著書『The Inner Game of Tennis』において、勝負には外側の世界で実際に行われる「アウターゲーム」と競技者の心中で行われる勝負「インナーゲーム」があるとし、実際の勝負の勝敗はインナーゲームに左右されると提唱。元々はテニス競技において発案されたものであるが、現在では他のスポーツのほか、ビジネスシーンなど幅広いジャンルのコーチング技術として取り入れられている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(共著含む)に『インナーゲーム オブ ストレス 内面の障害に打ち勝つ!/日刊スポーツ出版社(エド・ハンゼリック、ジョン・ホートンとの共著)』『インナーテニス こころで打つ!!/日刊スポーツ出版社』『演奏家のための「こころのレッスン」 あなたの音楽力を100%引き出す方法/音楽之友社(バリー・グリーンとの共著)』『インナーワーク あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか/日刊スポーツ出版社』『新インナーゴルフ/日刊スポーツ出版社』『新インナーゲーム 心で勝つ! 集中の科学/日刊スポーツ出版社』『インナースキー 自然上達への最短距離/日刊スポーツ出版社(ボブ・クリーゲルとの共著)』『インナーゴルフ 自然上達法から精神集中まで/日刊スポーツ出版社』『インナーゲーム/日刊スポーツ出版社』などがある。

ティモシー・ガルウェイの名言集

僕たちはバラの種を植える時
小さな種だからと言って
馬鹿にしたりしないだろ?

水をやり、肥料を与えて
育てるじゃないか。

君たちは未熟で未発達なことを
馬鹿にしたりするけども

これから育っていく彼らを
評価するには早すぎるんだ。

今の彼らは種。
可能性そのものなんだよ。

矢が弓から放たれた時
矢は目標に向かって
直線的に進むわけでは
ないだろう?

だが矢は見事に
目標に到達する。

誤差が出たら
それを計算に入れてしまえ。

これですべての問題が
問題で無くなる。

まず自分が出来ることに
焦点を合わせるんだ。

その後にそれを使って
何ができるかを考えろ。

生きている素晴らしさを
体験するために
スポーツがある。

人生の密度を高め
力強く生きていこう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る