Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
エーリッヒ・フロムの名言 | 地球の名言

エーリッヒ・フロムの名言

エーリッヒ・フロムのプロフィール

エーリッヒ・フロム

エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム(Erich Seligmann Fromm/1900年3月23日-1980年3月18日/男性)は、ドイツ・フランクフルト出身の社会心理学者哲学者思想家。マルクス主義とフロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けたことで知られる人物であり、代表書のひとつ『自由からの逃走』ではファシズムの心理学的起源を明らかにし、デモクラシー社会が取るべき道を提唱。フロムによれば人は成長や自己実現が阻まれるとき、一種の危機状態に陥り、攻撃的になるほか権威への従属・自己の自由を否定する権威主義に向かうとした。そして、生産的な生活を行うことことそが人の道であると説いた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作(邦訳題)に『自由からの逃走』『愛するということ』『生きるということ』『人間における自由』『精神分析と宗教』『正気の社会』『疑惑と行動 マルクスとフロイトとわたくし』『革命的人間』『希望の革命 技術の人間化をめざして』などがある。

エーリッヒ・フロムの名言集

人生の意味は
ひとつしかない。

生きるという行為
…それ自体なのです。

愛とは
人と人を結びつける
力のこと。

たくさん持っている人が
豊かなのではなく

たくさん与える人が
一番豊かなのです。

何かをもらうために
与えるのではありません。

与える事自体が
この世で一番の喜びなのです。

人は愛する者のために
働く生き物なのです。

愛は「自由の子」
なのであり

決して「支配の子」
ではありません。

自分の役に立たないものを
愛する時にはじめて
愛は開花するのです。

誰かを愛するというのは
たんなる激しい感情
などではありません。

それは決意であり
決断であり
そして約束なのです。

自分自身を
信じている者だけが

他人にたいして
誠実になれるのです。

「愛されるから愛する」
というのは幼稚な愛。

「愛するから愛される」
というのが
成熟した愛。

過去の危険は
人間が奴隷になることだった。

未来の危険は
人間がロボットに
なるかもしれないことだ。

一人の人を
本当に愛するとは
どういうことか

それは世界中の人を愛し
この地球を愛し
すべての生命を愛して
はじめて成り立つ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る