マックス・ウェーバーの名言

マックス・ウェーバー(マックス・ヴェーバー)のプロフィール

マックス・ウェーバー

マックス・ウェーバー(Max Weber/1864年4月21日-1920年6月14日/男性)は、ドイツの社会学者経済学者。マックス・ヴェーバーとも表記される。本名はカール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー(Karl Emil Maximilian Weber)。弟は同じく社会学者・経済学者のアルフレート・ヴェーバー。社会学の黎明期を作ったコントやスペンサーに続く、第二世代の社会学者としてデュルケームやジンメルらと並び称される人物であり、唯物論への反証や社会科学におけるさまざまな方法論の整備を行った。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(論文・講演録含む)に『宗教社会学論集』『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』『職業としての学問』『職業としての政治』『アメリカ合衆国における教会とゼクテ』『ロッシャーとクニース』『国民国家と経済政策』『東エルベ・ドイツにおける農業労働者の状態』『歴史学の方法』『新秩序ドイツの議会と政府』『理解社会学のカテゴリー』『古代社会経済史 古代農業事情』『稿集 経済と社会』などがある。

マックス・ウェーバー(マックス・ヴェーバー)の名言集

自己を滅して
己の課題に専心する人こそ

その仕事の価値の増大とともに
その名を高める結果を得る。

人間としての
自覚があるものにとって

情熱なしになしうる全ては
無価値である。

不可能に思えることに
粘り強く挑戦する者でなければ

達成可能に思えることも
成し遂げることはできない。

ひらめきは
熱心に働いた者にだけ
舞い降りる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る