三浦知良の名言

三浦知良のプロフィール

三浦知良
著書一覧

三浦 知良(みうら かずよし/1967年2月26日-)は、静岡県静岡市出身のサッカー選手。愛称は「カズ」「キング・カズ」など。妻はタレント・モデルの「三浦りさ子(旧姓:設楽)」。ラモス瑠偉、北澤豪、武田修宏らとともにJリーグ開幕後のヴェルディ川崎の黄金期を築いた人物として広く知られる人物。高校1年生の時(1982年12月)に中退し、ブラジルへ単身渡航(CAジュベントスへ留学)。1986年にサントスFCとプロ契約をむすび、以降はブラジルの様々なクラブで活躍(サントス→パルメイラス→マツバラ→CRB→キンゼ・デ・ジャウー→コリチーバ→サントス)。Jリーグ発足前に日本のW杯出場に貢献するために日本でプレーすることを選び、1990年に読売サッカークラブ(ヴェルディ川崎/後の東京ヴェルディの前身)に移籍。1993年のJリーグ開幕後は、ヴェルディ川崎の黄金期を築くのに大きな貢献を果たし、ヴェルディ川崎の中心選手として広く知られるようになる。その後、イタリア・セリエAのジェノアCFCに期限付移籍(1年契約/1994年)や、クロアチアのクロアチア・ザグレブへ移籍(1999年)で欧州リーグでのプレーを経て、京都パープルサンガ(1999年-2000年)やヴィッセル神戸(2001年-2005年)、横浜FC(2005年)で活躍。2005年にオーストラリアAリーグ初のゲストプレイヤー(公式戦4試合のみ出場が認められる特別枠選手)としてシドニーFCに移籍(期限付き)。1990年から2000年にかけて日本代表を務めた他、2012年からはフットサル日本代表としても活躍している。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「三浦知良 伝説の言葉- 蹴音 -(文庫版:カズ語録 不屈の魂が身につく218の言葉)」「Dear KAZU僕を育てた55通の手紙」「日めくりKAZU 魂のメッセージ 底力」「やめないよ」「おはぎ(文庫版:ラストダンスは終わらない: essay 2001-2005)」などがある。

三浦知良の名言集

どんなときでも
「人生これでいい」
なんて考えちゃいけない。

そう思った瞬間に進歩が止まり、
後輩たちに抜かれ、
置いていかれる。

成功した時に
スポーツ紙の一面になるのは
普通の選手。

失敗した時に
スポーツ紙の一面になる選手は
限られている。

失敗を取り上げられ
叩かれることに
誇りを持てばいい。

(高校生時代にブラジル留学をめぐって
監督から「人間100%はないが、
お前は99%は無理だ」と言われたときに、
三浦知良選手が言った言葉)

「1%あるんですね。
じゃあ僕は
その1%を信じます。」

(セリエA移籍時に
欧州リーグでは通用しない
と言われたときの言葉)

通用しないから
行くんですよ。

先輩方や自分たちが
積み重ねてきたものがあって、
今がある。

今が素晴らしければ
素晴らしいほど、
過去の苦労の価値は高まっていく。

ひたすら一生懸命やっていれば、
結果は後からついてくる。

どんなに
八方ふさがりのように思えても、
道がなくなるわけではない。

進むべき道、
進んでいける道を見つけて、
一歩ずつ進んでいけばいい。

チームスポーツでは、
誰かが失敗したとき、
必ず誰かが助ける。

試合に勝つことよりも、
皆が力を合わせて
頑張ることこそ大切なんだ。

結果はどうあれ、
そうした経験は人々の心を結び、
人生を豊かにしてくれる。

失敗して、
考え悩むこともあるだろうけど、
立ち止まっていてはいけない。

一気に100メートルも進まなくていい。
1センチでもいいから前に進もう。

サッカー選手は
試合に出て初めて評価される。

だから出られないと悔しい。
その悔しさは、
すべて練習にぶつける。

できることを
日々精一杯やっていれば、
機会は必ず巡ってくる。

とにかく今日を一生懸命、精一杯やる
と思って練習を積み重ねるだけ。

そうして
「気がつくとここまで来ていた」
という生き方でいいんじゃないか。

いつも必ず
自分に勝てる強い人間なんて、
そうそういるものではない。

大事なのは、自分に負けたとき、
「もっと強くならなければ」
と願うことだ。

そうして
自分に勝ったり負けたりしなから、
少しずつ進んでいけばいい。

真剣にやんないと
面白くない。

夢は語ったほうがいい。
言わなきゃ、何も始まらない

人生もサッカーも量じゃない。
質だ。

シュートの練習もそう。
2000本打とうが、
ただ打っているだけだったら
上手くはならない。

30本でも
1本1本気持ちを込めて
集中したほうが断然上手くなる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る