池田理代子の名言

池田理代子のプロフィール

ベルサイユのばら 池田理代子

池田 理代子(いけだ りよこ/1947年12月18日-/女性)は、大阪府出身の漫画家声楽家。漫画『ベルサイユのばら』の作者として知られる人物であり、漫画・劇画制作のほか声楽家としての顔も持ち、オペラやミュージカルなどへの出演・プロデュースも行っている。1967年に『バラ屋敷の少女』で漫画家デビューを果たし、1972年より『週刊マーガレット』で連載を開始した『ベルサイユのばら』が空前のヒットとなり、少女漫画家としての地位を確立。45歳の時に音大受験を決意し、1995年に東京音楽大学声楽科へ入学。卒業後はコンサート出演のほか、CD発表も行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な作品(漫画作品)に『ベルサイユのばら』『おにいさまへ…』『オルフェウスの窓』『栄光のナポレオン-エロイカ』『クローディーヌ…!』『蒼い柘榴』『妖子』『春の雪』『聖徳太子』『天の涯まで』『ニーベルンクの指輪』『太王四神記』『ベルばらKids』などがある。

池田理代子の名言集

生き方への意気込みこそが
エレガンス。

人間というものは
往々にして
自分が受けた差別や
侮辱には敏感なくせに

一方で全然きづかずに
平気で他人を侮辱したり
傷つけていたりする。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る