Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
マイケル・フランゼーゼの名言 | 地球の名言

マイケル・フランゼーゼの名言

マイケル・フランゼーゼのプロフィール

最強マフィアの仕事術 マイケル・フランゼーゼ

マイケル・フランゼーゼ(Michael “Yuppie Don” Franzese/1951年5月27日-/男性)は、「アル・カポネの再来」と呼ばれたイタリア系の元アメリカンマフィア。ニューヨーク5大ファミリーの1つコロンボファミリーに所属し、複数のビジネスを築き巨万の富を得る。しかし、1980年代半ばに自身の罪を認め懲役10年の判決を受け、ファミリーと縁を切る。その後はマフィアでの体験を人々の役に立てることを使命に講演活動などを展開している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+最強マフィアの仕事術/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

著書

主な著書(邦訳書)に『最強マフィアの仕事術/ディスカヴァー・トゥエンティワン(訳:花塚恵)』などがある。

マイケル・フランゼーゼの名言集

まずは成功を約束してくれる
秘密の方程式など存在しない
と自分に言い聞かせることだ。

ビジネス書の言うとおりに
人生が進むことなど
ありえない。

「成功とお金を手に入れる
10の秘訣」などという文句は
まやかし以外の
なにものでもない。
目を覚ませ!

他人からのアドバイスに
無防備に従っているだけでは
いつか痛い目に遭う。

計画がなければ何事も
成し遂げることはできない。

これはマフィアのビジネスでも
普通のビジネスでも同じだ。

目標を定め、計画を立てろ。
これが基本中の基本だ。

見えない目標を
達成することはできない。

目標は具体的かつ
達成できたかどうかが
自分でわかるもので
なければ意味がない。

だめなビジネスマンは
ちょっとうまく
いかないことがあると
本来の目的を見失う。

苦しくなればなるほど
目先の小銭に目が眩んで
計画にないことに
手を出そうとする。

ろくでもない計画を
立てるくらいなら
何もしない方がマシだ。

どこかで論理的に
破綻している計画を実行しても
望ましい結果は生まれない。

そんな計画なら
さっさと捨てて
別の計画を考えることだ。

計画が決まったら
あとは実現に向けて
本気で取り組むだけだ。

大成する者は
必ず夜明けとともに
行動を起こす。

ハードに働かなくても
成功できると思っているなら
シルクのパジャマを
買えばいい。

甘い考えをしている
人間にできるのは
その程度の贅沢だ。

成功するための
秘密の方程式など
ありはしないが

成功者に共通する
ことなら一つある。

それはハードワーク。
圧倒的な努力だ。

優秀なやつは
物事をシンプルに考える。

そして、さっさと
要点に入る。

目の前にチラつく
チャンスに目を奪われ
今できることを
明日に延ばしていれ
いずれ災難に見舞われる。

頭の中も生活も混乱し
目標達成が難しくなる。

無駄は省くに限る。
目標の達成だけを考えることだ。

ビジネスの成功を保証する
秘訣など存在しない。
これが現実である。

では成功の保証がないなら
何をすればいいのか?
…何もかもだ。

計画を立て、ハードに働き
集中すべき仕事を見極め
ともに目標達成に向けて
働く仲間をつくる。
そのすべてを行うのだ。

たしかに
妥協すべきときもある。

そういうときは
優先順位を決めて判断しろ。

口先で考えるな
まず頭で考えてから
口を開け。

失敗は仕方ない。
人は失敗する生き物なのだ。

問題は再び
挑戦できるかどうかだ。

どんな問題を抱えていても
心身の健康をつねに保つこと。

そうすれば、お金や物を
失うことになっても
自分を見失わずにすむ。

自分という土台があれば
復活することも
前に進むことだってできる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る