スティーブン・レヴァインの名言

スティーブン・レヴァインのプロフィール

スティーブン・レヴァイン

スティーブン・レヴァイン(Stephen Levine/男性)は、アメリカのセラピスト詩人著述家。アメリカの臨死ケアの第一人者として知られる人物であり、誘導瞑想やヒーリング法をさまざまな分野で教えている。精神科医キュブラー=ロスらとも活動を行い、著書も多数発表している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(邦訳書)に『余命一年…だとしたら 残された時間があと一年、と思って生きてみると/ヴォイス(訳:ヒューイ陽子)』『めざめて生き、めざめて死ぬ/春秋社(訳:菅靖彦)』『癒された死/ヴォイス(訳:高橋裕子)』などがある。

スティーブン・レヴァインの名言集

自分自身を
赦してあげることです。

これができれば
多くの実りがあなたに
もたらされます。

もし人生が残りあと一時間で
たった一本しか
電話がかけられないとしたら
誰になにを話すだろう…。

そしてなぜ今
そうしないのだろう?

苦しみに耐えて生きることに
快感を得てはいけません。

自分自身が苦しみの中で
生きることを肯定する人は
他人にもそれを
求めるからです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る