藤井基榮の名言

藤井基榮のプロフィール

NO-IMAGE

藤井基榮(1943年-/男性)は、群馬県前橋市出身の仏師(仏像彫刻家)。27歳の時に大仏師・松久朋琳(-ほうりん)、宗琳(-そうりん)の内弟子となり、両師のもとで五大明王像(京都嵯峨野大覚寺)や岩屋観音像(金閣寺)、丈六阿弥陀如来坐像(大阪四天王寺)など数々の造仏に従事。35歳の時に独立し、地元群馬県で国府古代仏像彫刻研究所を開設。仏像の製作・修復の傍ら、仏像彫刻の講師や仏師として講演なども行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

藤井基榮の名言集

多くの方は
過去や未来のことに
悩み、苦しみ

自分の本当の姿を見失い
他人への思いやりを忘れ

今という大事な時を
100%の力で
生き切っていない。

自分という存在は
地球上にたった
一人しかいない
奇跡的な存在である。

だからこそ
大切な命を
精いっぱい生きなさい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る