水島広子の名言

水島広子のプロフィール

折れない心の作り方 水島広子

水島広子(みずしま ひろこ/1968年3月21日-/女性)は、東京都出身の精神科医医学者政治家著述家。水島広子こころの健康クリニック院長を務める人物であり、慶應義塾大学医学部講師、総務省顧問、衆議院議員などを歴任。アメリカから対人関係療法を導入した第一人者としても知られ、特に摂食障害の治療技術の進歩に大きな貢献を残した。2000年には第42回衆議院議員総選挙で初当選し政界に進出。民主党の「次の内閣」では雇用担当大臣を務め、パート労働者の均等待遇推進法案や若年雇用政策を進めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+女子の人間関係/サンクチュアリ・パブリッシング)

著書

主な著書に『女子の人間関係 整理整頓/サンクチュアリ・パブリッシング』『トラウマの現実に向き合う/創元社』『部下をもつ人の職場の人間関係/ダイヤモンド社』『自己肯定感、持っていますか?/大和出版』『プレッシャーに負けない方法/さくら舎』『「本当の自信」を手に入れる9つのステップ/大和出版』『摂食障害の不安に向き合う/創元社』『大人のための「困った感情」のトリセツ/大和出版』『10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方/紀伊国屋書店』『「むなしさ」を感じたときに読む本/KADOKAWA』『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本/ベストセラーズ』『「苦手な人」とのつき合いがラクになる本/大和出版』『誰と一緒でも疲れない「聴き方・話し方」のコツ/日本実業出版社』『仕事もプライベートも「思い通りにならない相手」を動かす心理術/大和出版』『「いつも忙しい」がなくなる心の習慣/すばる舎』などがある。

水島広子の名言集

自分が「べき」
で縛られている人は

他人のことも「べき」
で縛りたがる。

「自分は自分、相手は相手」
と線を引くことは
健康な人間関係の基本です。

「大切にして生きているもの」
を持っている人は
何が起きても強い。

今やっていること以外は
一切考えない。

目の前のことだけを
着々と進める。

秘訣はとにかく
一つ一つ片付けていくこと。

その際には
余計なことを考えず
「とりあえずやる」。

人は「今」に集中するとき
最も効率良く
動くことができる。

「今は仕事に集中する時間」
「今はリフレッシュする時間」
とメリハリを
つけることによって

消耗を最低限に
防ぐことができます。

いつも忙しがっている人よりも
メリハリを
つけている人のほうが

効率的で生産的である
場合が多い。

疲れると
不安のコントロールが
効かなくなる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る