廣池千九郎の名言

廣池千九郎のプロフィール

廣池千九郎

廣池千九郎(ひろいけ ちくろう/1866年3月29日-1938年6月4日/男性)は、豊前国下毛郡(大分県中津市)出身の法学者歴史学者教育者宗教家。麗澤大学の創立者やモラロジー(道徳科学)の提唱者として知られる人物。歴史学者として数々の論文・書物を残したほか、早稲田大学講師や神宮皇學館教授などを歴任。当時の国家的事業であった『古事類苑』の編纂にも携わり、1916年に発表した『道徳科学の論文』では「モラロジー」の提唱を行った。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+「三方よし」の人間学/PHP研究所)

著作

主な著作(共編書等含む)に『道徳科学の論文』『新科学モラロヂー及び最高道徳の特質』『日本憲法淵源論』『女流文学叢書』『古事類苑』『日本文法てにをはの研究』『支那文典』『韓国親族法親等制度の研究』『富豪 資本家 会社商店の経営者 重役高級職員各位並に官憲に稟告』『孝道の科学的研究』『伊勢神宮と我国体』『東洋法制史本論』『てにをは廃止論』『神社崇敬と宗教』『史学俗説弁』『新説日本史談』『東洋法制史序論』など多数。

廣池千九郎の名言集

他人に対して
親切に振る舞う際は
決して見返りを
求めるものではありません。

相手からのお礼を期待せず
むしろ一方通行で構わない
という気持ちで行いましょう。

正義を振りかざし
人の悪事を声高に
世間に向かって叫ぶのは

相手の心を深く
傷つけることによって

自分が快感を得ているだけに
すぎません。

たとえどんな悪事であっても
それを注意する際には
他の誰にもわからないように
密かに本人に伝えます。

他人の欠点には
目をつむって
他の人にも話さない。

その不足は
自己の力の及ぶ範囲で
補充してあげればよい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る