不毛地帯の名言

不毛地帯とは?

不毛地帯

不毛地帯(ふもうちたい)は、1973年から1978年にかけて週刊誌「サンデー毎日」で連載された山崎豊子(やまさき とよこ)による小説作品。1976年に映画化、1979年と2009年にドラマ化。大本営参謀を務めた陸軍中佐「壹岐 正」(いき ただし)を主人公とした物語であり、シベリア抑留を経て商社に就職し第2の人生を生きる壹岐の姿を描いた作品。主人公のモデルは伊藤忠商事元会長の瀬島龍三がモデルと言われているが、作者の山崎は複数人のイメージを重ね合わせたと後に語っている。映画版は日本の次期戦闘機選定の話を中心に描かれ、1979年版ドラマは原作全編を忠実に映像化。リメイク作となる2009年版ドラマも原作全編を映像化の予定であったが、予定より放送回数が減少してしまったため、後半はかなり駆け足の展開に仕上げられた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+不毛地帯/新潮社+不毛地帯/フジテレビ)

不毛地帯の名言集

仏教の根本は
共生の精神だと思う。

自分のためだけの
生き方ではなく

自分の生き方が
人に感銘を与え
人に幸せをもたらせる

自他ともに生きる共生の心が
存在しなければならない。

従って自分の執着
執念で動けば

自分を縛すると同時に
相手をも縛することになり

共生の世界を失い
修羅の世界に
没してしまうことになる。

(by 秋津清輝)

蓮が泥沼の中にあっても
美しい花を咲かせるように

人は汚れた俗世間を
生きていても

それに染まらず
清廉な生き方を
貫くことができる。

(by 秋津清輝)

やるからには
何があっても後戻りはできない
君にその覚悟があるか?

(by 壹岐正)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る