ケリー・マクゴニガルの名言

ケリー・マクゴニガルのプロフィール

ケリー・マクゴニガル

ケリー・マクゴニガル(Kelly McGonigal/1977年10月21日-/女性)は、アメリカ・ニュージャージー州出身の健康心理学者著述家。心理学をはじめ神経科学や医学の最新の知見を用いて、人々の健康や幸福、成功、人間関係などの向上を助ける「サイエンス・ヘルプ」のリーダーを務める人物。メディアで取り上げられることも多く、フォーブスの「人びとを最もインスパイアする女性20人」にも選ばれた。特に自己管理(意志力)やストレスに関する提唱で知られるほか、ヨガやグループフィットネスの指導も行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+図解でわかる スタンフォードの自分を変える教室/大和書房)

著書

主な著書(邦訳書)に『スタンフォードのストレスを力に変える教科書/大和書房』『スタンフォードの自分を変える教室/大和書房』『ケリー・マクゴニガルの痛みを癒すヨーガ ヨーガを通してマインド、ボディ、スピリットを統合する/ガイアブックス』『スタンフォードの「英語ができる自分」になる教室/朝日出版社』『最高の自分を引き出す法 スタンフォードの奇跡の教室 in JAPAN/大和書房』『スタンフォードの自分を変えるヨガ教室/宝島社』『「呼吸法」で体と心が劇的に変わる 病気にならない!太らない!ストレスに強くなる!/マキノ出版』などがある。

ケリー・マクゴニガルの名言集

将来の自分と
現在の自分のつながりを
認識すれば

いまやるべきことが
見えてきます。

将来の自分を
思い描けずにいると

私たちは誘惑に負けたり
物事を先延ばしに
してしまいます。

一日のはじめに
自分の目標を確認しましょう。

それをすると
誘惑に対する抵抗力が
上がります。

睡眠不足が慢性化すると
ストレスや誘惑に
負けやすくなってしまい

ストレスが慢性化すると
意志力よりも
衝動的な自己が
前面に出てきます。

自制心を発揮したいのなら
自己批判は逆効果です。

自分を許すことで
失敗から立ち直ることが
できるのです。

意志力とは
「やる力」「やらない力」
「望む力」という

3つの力を駆使して
目標を達成することです。

瞑想を行なえば
集中力、ストレス管理
衝動の抑制といった

様々な自己コントロール能力を
向上させることが出来ます。

ゆっくり呼吸して
自制心を発揮しましょう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る