ゲーテの名言 第2集

ゲーテの名言2

ゲーテ

ドイツを代表する文豪として知られる詩人・哲学者・小説家「ゲーテ」の名言 第2集をお楽しみください。

ゲーテの名言集

あなたの心の底から
出た言葉でなければ、

他人の心に
響くことなどないのです。

目標から目をそらさずに
努力し続ければ、

最後にはかならず、
幸運が舞い降ります。

私たちの心は
常に楽をしようとします。

でもそれに逆らって、
何かを目指して頑張ると、

今度は心の中が、
幸せな気持ちで
いっぱいになるように、
出来ているのです。

人が旅をするのは、
到着するためではありません。

それは
旅が楽しいからなのです。

偉大な人間というのは
世間の出来事に
左右されるのではなく、

世の中を
左右してしまう人間のこと。

人間は努力をする限り
迷うもの。

喜んで行い、
そして行った事を喜べる人は
幸福である。

どんな時でも
希望を持っているのは

絶望していることよりも
はるかに良い。

可能なものの
限界をはかることは、
誰にも出来ないのだから。

何かを手に入れたいなら
まずは自分を
磨かなければならない。

天国にひとりきり。
これ以上の大きな
苦痛はないだろう。

自信があるなら、
実際にやってみること。

行動を起こすと、
人は不思議な力が
使えるようになる。

今日始めなかったら
明日終えることなど
出来ない。

自分に命令しない者は
いつになっても
しもべにとどまる。

本で読んだ知識は、
半分の知識でしかない。

人生で、それを体験して
本当の知識になる。

あなたにできること、
できると夢見ることを
なんでも始めなさい。

その大胆さは才能であり、
力であり、魔法である。

誤解はあたかも
靴下のひとつの
飛ばし目のようなものだ。

初めに繕えば
ただひと針で済む。

ゲーテの名言集 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る