ジャック・マイヨールの名言

ジャック・マイヨールのプロフィール

ジャック・マイヨール

ジャック・マイヨール(Jacques Mayol/1927年4月1日-2001年12月22日/男性)は、フランスのフリーダイバー。生まれは中国・上海。世界記録に挑む2人のダイバーを描いた映画『グラン・ブルー』のモデルとなったことで広く知られるようになった人物であり、医学的に不可能とされた深水100メートル以上のフリーダイビングを成功させた。ダイビングの第一線から引退した後は、イルカと人間との共存を訴え著作なども残した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+CROSSROAD/サンクチュアリ出版)

著作

主な著作(邦訳書/共著含む)に『イルカと、海へ還る日/講談社』『海の人々からの遺産/翔泳社』『海の記憶を求めて/翔泳社』などがある。

ジャック・マイヨールの名言集

短く、一度しかない人生を
人類のためにいかに
有意義に生きるか
いかに悔いなく生きるかだ。

情熱を失くすぐらいだったら
情熱に溺れたほうがいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る