ゲーテの名言

ゲーテのプロフィール

ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe/1749年8月28日-1832年3月22日)は、ドイツのフランクフルト・アム・マイン出身の詩人哲学者劇作家小説家政治家法律家自然科学者。ドイツを代表する文豪として世界に著名な人物であり、シラーとともにドイツ文学の古典主義時代を築いたことで知られている。初期のゲーテはドイツの哲学者・文学者ヘルダーに教えを受けた革新的な文学運動「シュトゥルム・ウント・ドラング」の代表的な詩人であった。「若きウェルテルの悩み」を25歳の時に発表し、ヨーロッパで高い評価を獲得。その後、ヴァイマル公国(現:ドイツ・テューリンゲン州)の宮廷顧問、後枢密顧問官、政務長官など政治家としても活躍した。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著作

主な小説作品に「若きウェルテルの悩み(1774年)」「ヴィルヘルム・マイスターの修業時代(1796年)」「親和力(1809年)」「ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代(1821年)」など。主な詩集に「アネッテ(1767年)」「新詩集(1769年)」「雑詩集(1789年)」「ライネケ狐(1794年)」「ローマ悲歌(1795年)」「ヘルマンとドロテーア(1798年)」「西東詩集(1819年)」「情熱の三部作(1827年)」などがある。

ゲーテの名言集

涙とともに
パンを食べたことの
ある者でなければ、

人生の本当の味は
わからない。

とにかく、
とりかかれば
心が燃え上がるし、

続けていれば
仕事は完成する。

自分を信頼しはじめた
その瞬間に、

どう生きたら
いいのかがわかる。

人間はみずからが
愛するものごとによって
形づくられる。

愚者も賢者も、
ともに害がない。

いちばん危険なのは、
半端な愚者と
半端な賢者である。

たやすくなる前は、
何もかも難しいものだ。

王様であろうと、
百姓であろうと、

自分の家庭で
平和を見出す者が、
いちばん幸せな人間である。

どんな場合でも
口論をしてはいけない。

賢い人でも
無知なものと争えば、
無知に陥ってしまう。

思慮深い人は、
決して敵を侮らない。

人間を堕落に導く
もっとも大きな悪魔は、
自分自身を嫌う心である。

支配したり
服従したりしないで、

それでいて、
何ものかで
あり得る人間だけが、

本当に幸福であり、
偉大なのだ。

ただ、ひたすら
自分が正しいと思う、
道を歩けばいい。

他人がどのような
道を歩こうと、
気にしてはいけない。

その夢を失くして
生きてゆけるかどうか
で考えなさい。

愛する人の欠点を
美徳と思えない人は、

決してその人を
愛しているとはいえない。

君は本気で
生きてるかい?

ゲーテの名言集 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る