中村吉右衛門(二代目)の名言

中村吉右衛門(二代目)のプロフィール

中村吉右衛門

中村 吉右衛門(なかむら きちえもん/1944年5月22日-/男性)は、東京都千代田区出身の歌舞伎役者俳優脚本家。本名は波野辰次郎。初代・松本白鸚(まつもと はくおう/五代目市川染五郎・ 八代目松本幸四郎)の次男として生まれ、母方の祖父であった初代中村吉右衛門の養子となる。当初は中村萬之助を名乗って4歳で初舞台を踏み、1966年に二代目中村吉右衛門を襲名。松貫四(まつかんし)名義で歌舞伎の脚本も手掛けるほか、歌舞伎以外の舞台公演、テレビドラマ、映画にも俳優として出演している。2011年に重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)に認定。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

出演作品

主な出演作品(歌舞伎)に『勧進帳(弁慶役)』『仮名手本忠臣蔵(大星由良助)』『一谷嫩軍記・熊谷陣屋(熊谷直実)』『鬼一法眼三略巻・一条大蔵譚(一条長成)』『義経千本桜(新中納言知盛)』『妹背山婦女庭訓・吉野川(大判事清澄)』『平家女護島・俊寛(俊寛僧都)』『傾城反魂香・吃又(絵師又平)』『東山桜荘子(木内宗吾)』『菅原伝授手習鑑(武部源蔵、松王丸)』『天衣紛上野初花(河内山宗俊)』『大老(井伊直弼)』『梶原平三誉石切(梶原景時)』『松浦の太鼓(松浦鎮信公)』『博多小女郎浪枕(毛剃)』『ひらかな盛衰記・逆櫓(樋口次郎)』などがある。

中村吉右衛門(二代目)の名言集

芸を確立させていくのは
まずは真似から入るしか
ありません。

ただ、そこで止まったら
単なる物真似で
終わってしまう。

真似ができたところが
スタート地点。

ある役者が練って練って
作り出した芸を

次の代が真似て
そこでさらに練って
自分らしさをつけ加えて
それが代々続いていく。

常に磨かれていかなければ
伝統ではない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る