丸山清人の名言

丸山清人のプロフィール

NO-IMAGE

丸山 清人(まるやま きよと/1935年-/男性)は、東京都杉並区生まれの銭湯絵師(ペンキ絵師)。小学生の時に山梨県へ疎開し、中学卒業後は繊維工場に勤務。その後、親戚が経営していた背景広告社に移り銭湯絵師の道に進む。銭湯の全盛期には銭湯絵師の数も多かったが、2015年時点で日本には丸山さん含め2人しか残っていないと言われており、もう一人は映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」の作品内銭湯の背景画を担当した中島盛夫(なかじま もりお)。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

丸山清人の名言集

最初の三年間は
空の色をね
青く塗ることだけが
許されるの。

たいていの入門者は
この三年のあいだに
いなくなるかな。

必死。
必死しかないよ
プロになるには。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る