松任谷由美の名言

松任谷由美のプロフィール

松任谷由美

松任谷 由美(まつとうや ゆみ/1954年1月19日-/男性)は、ユーミンの愛称で親しまれた女性シンガーソングライター。旧姓名は荒井由実(あらい ゆみ)。夫は音楽プロデューサーの松任谷正隆(-まさたか)。1972年にシングル「返事はいらない」でデビュー(荒井由実名義)。1975年に発表した6枚目のシングル「あの日にかえりたい」で初のオリコンチャート1位を獲得。結婚後は松任谷姓に変更して活動を行い、1970年代・1980年代・1990年代・2000年代・2010年代とデビューからすべての10年代でアルバム売上首位を獲得するなど第一線で活躍。2012年にCDアルバム売り上げ枚数が女性アーティスト史上初となる3000万枚を突破。2013年に紫綬褒章を受章。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+CROSSROAD/サンクチュアリ出版)

代表曲

主な代表曲に「やさしさに包まれたなら」「ルージュの伝言」「守ってあげたい」「ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ」「真夏の夜の夢」「春よ、来い」「卒業写真」「ひこうき雲」など多数。

松任谷由美の名言集

モノに託した夢って
どうにかすれば叶っちゃうから
キリがないの。
そんな夢はもたないのよ。

世の中の波に乗ったからって
本物かどうかは
別問題ですよね。

時代の追い風に
のってるだけなのか

自分のエンジンで
ちゃんと走ってるかってこと。

ずっと夢見る部分を
持っててもいいんだけど

同時に実現すべき夢を
抱かなきゃ。

人生のある一時期
目標のために自分を律する
という経験を持てた人は
素晴らしい。

心のスイッチを
入れるだけなの。

本当に気の持ちようひとつで
周りの風景なんて
どうにでもなってしまう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る