能楽師・狂言師の名言 一覧

能楽とは?

能楽師
書籍一覧

能楽(のうがく)とは、式三番(翁)を含む能と狂言とを包含する総称であり、日本の伝統芸能のひとつ。江戸時代までは猿楽と呼ばれていたそうですが、1881年の能楽社(明治維新によって存続の危機を迎えていた猿楽を救うために岩倉具視などの政府要人や華族たちが設立)の設立を機に名称が「能楽」に変更(名称変更の発案は発起人であった九条道孝ら)。以降、能・式三番・狂言の3種の芸能を総称する概念として使用され続けています。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

能楽師・狂言師 一覧

あ行

和泉 元彌(いずみ もとや)
和泉流の狂言師、俳優
梅若玄祥(二世)(うめわか げんしょう にせい)
現代能楽を代表するシテ方(主人公を務める演者)の一人として知られる能楽師

か行

観世 栄夫(かんぜ ひでお)
シテ方観世流の能楽師、俳優、京都造形芸術大学教授

さ行

世阿弥(ぜあみ)
室町時代初期に活躍した猿楽師(能楽師)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る