チャールズ・ブコウスキーの名言

チャールズ・ブコウスキーのプロフィール

チャールズ・ブコウスキー

ヘンリー・チャールズ・ブコウスキー(Henry Charles Bukowski/1920年8月16日-1994年3月9日/男性)は、アメリカの詩人作家(生まれはドイツ)。社会の底辺で暮らしていた当時の肉体労働者の視点で、社会の様々なルールに対して「くそったれ!」と叫ぶ作品を数多く発表した人物であり、彼の作品は若者たちを中心に熱狂的な支持を集めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+CROSSROAD/サンクチュアリ出版)

作品

主な著書(長編・短編・詩集/邦訳題)に『ブコウスキー・ノート/1969年』『ポスト・オフィス/1971年』『町でいちばんの美女/1972年』『ありきたりの狂気の物語/1972年』『モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え/1972年』『ブコウスキーの「尾が北向けば・・・」―埋もれた人生の物語/1973年』『勝手に生きろ!/1975年』『詩人と女たち/1978年』『ブコウスキーの酔いどれ紀行/1979年』『くそったれ! 少年時代/1982年』『ブコウスキーの3ダース/1983年』『パンク、ハリウッドを行く/1989年』などがある。

チャールズ・ブコウスキーの名言集

ルールはないが
ヒントはある。

失敗ほど
効果的なものはないんだよ。

あらゆる存在は
似ているけれども
同じものはひとつもない。

小さな種火だけは
消しちゃいけない。

種火さえあれば
また燃え上がる。

人間は誰しも
天才として生まれてくる。

だがほとんどの者は
能力をつかわずに
この世から去る。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る