片山敬済の名言

片山敬済のプロフィール

片山敬済

片山敬済(かたやま たかずみ/1951年4月16日-/男性)は、兵庫県出身のロードレーサー。「プリンス」や「zooming cuts」の愛称で親しまれた人物であり、日本出身者として初となるロードレース世界選手権(WGP)チャンピオンを獲得。元々はF1ドライバーを目指していたが、先輩の「4輪をやるなら2輪から入れ」との助言から20歳よりバイクレースを開始。1974年にWGPへ初参戦。1977年に初のWGP世界チャンピオンとなる。1990年・1991年にはダカール・ラリーにも参戦したほか、レーシングチーム監督なども務めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+CROSSROAD/サンクチュアリ出版)

著書

主な著書(共著含む)に『天駆ける―速く走りたい魂を持った君たちへ/COSMO BOOKS』『片山敬済 俺だけの2輪テクニック― キミの走り方がガラリと変わる!/三推社』『特訓!2輪ドリフトテクニック/講談社』『片山葉隠 憶病者に与える書/新人物往来社』『片山敬済・疾走する戦士たち―トーク・アバウト・GPライダー/講談社』『片山敬済のすばらしいロードレース入門―初歩から世界チャンピオンへの道/Carriver books』『チャンピオン 2輪テクニック/講談社』『俺たち、バイク人―若者(ライダー)たちの神々、ライブトーク/ベストバイク社』などがある。

片山敬済の名言集

食うために真剣に
なっていたわけじゃない。

自分は何をやって
生きていくのか
そういう生き方の問題。

これでいいじゃなくて
これがいい。

自分の中に
どれだけ豊富にコトバがあるか

それによって思考のレベルが
決定してしまう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る