江角マキコの名言

江角マキコのプロフィール

江角マキコ

江角マキコ(えすみ マキコ/1966年12月18日-/女性)は、島根県出雲市出身の女優タレント、元バレーボール選手。本名は平野 真紀子(ひらの まきこ)、旧姓は江角。島根県立大社高等学校を卒業後、1985年に日本たばこ産業女子バレーボールチーム(後のJTマーヴェラス)に入団。実業団選手として活躍していたが1987年頃にケガで選手生命を絶たれ、ファッションモデルに転身。1995年に映画『幻の光』で女優デビュー。1998年に主演を務めたドラマ『ショムニ』が大ヒットし、全国的な知名度を獲得。その後はバラエティ番組への出演や歌手としてCDリリースを行うなどマルチな活躍を見せている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+CROSSROAD/サンクチュアリ出版)

出演作品

主な出演作品(テレビドラマ)に『ショムニシリーズ/1998年,2000年,2002年,2003年,2013年』『ブルドクター/2011年』『地獄の沙汰もヨメ次第/2007年』『マチベン/2006年』『それは、突然、嵐のように…/2004年』『マルサ!!東京国税局査察部/2003年』『ラブ・レボリューション/2001年』『Over Time-オーバー・タイム/1999年』『独身生活/1999年』『恋の片道切符/1997年』『月の輝く夜だから/1997年』『こんな私に誰がした/1996年』『硝子のかけらたち/1996年』『輝け隣太郎/1995年』などがある。

江角マキコの名言集

「私はこうなの」
っていう主張を
いつも口に出して言ってる。

どうしてかというと
そうしてると
人に巻き込まれないから。

自分ひとりで頑張れないやつは
たぶん恋人か仲間が
たとえ2、3人いても
頑張れないと思う。

必ず誰かと繋がってなきゃ
寂しいとか

友達がいないと寂しいとか
彼氏がいないと寂しい
っていうのは
どっかで自分に甘いというか

一人でも基本楽しい人っていう
自分を作った方が

これからまだ何十年も
自分の人生があるんだから
得だと思いますよ。

寂しさとか自分の弱さが
あるわけじゃない?
それはみんなある。

でも口にしてしまった時点で
もうそういう人になっちゃうの

みんなギリギリで
我慢するんですよ。

それ言っちゃったら負けだし
一回言っちゃったら
また言っちゃう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る