リバー・フェニックスの名言

リバー・フェニックス/リヴァー・フェニックスのプロフィール

リバー・フェニックス

リバー・フェニックス(River Jude Phoenix/1970年8月23日-1993年10月31日/男性)は、アメリカの映画俳優。旧姓はリバー・ジュード・ボトム(River Jude Bottom)。1985年に『エクスプロラーズ』で映画俳優デビューし、翌年に発表された『スタンド・バイ・ミー』でクリストファー・チェンバーズ役を演じ注目を集める。1988年の『旅立ちの時』でアカデミー助演男優賞ノミネート、1991年の『マイ・プライベート・アイダホ』でヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞。スターダムへの階段を駆け上がっていたが、1993年に薬物の過剰摂取により心不全を起こし死亡。23歳という若さでこの世を去った。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+CROSSROAD/サンクチュアリ出版)

出演作品

主な出演作品に『エクスプロラーズ/1985年』『モスキート・コースト/1986年』『スタンド・バイ・ミー/1986年』『ジミー さよならのキスもしてくれない/1987年』『リトル・ニキータ/1988年』『旅立ちの時/1988年』『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦/1989年』『殺したいほどアイ・ラブ・ユー/1990年』『恋のドッグファイト/1991年』『マイ・プライベート・アイダホ/1991年』『スニーカーズ/1992年』『愛と呼ばれるもの/1992年』『アメリカン・レガシー/1993年』『ダーク・ブラッド/1993年』などがある。

リバー・フェニックスの名言集

家族の愛があれば
世界だって征服できる。

僕は映画に出ることによって
たくさんの人々と友達になれた。
最高の気分だよ。

僕は演技をしている時
ハロウィンで仮装している
気分なんだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る