宝彩有菜の名言

宝彩有菜のプロフィール

宝彩有菜

宝彩有菜(ほうさい ありな)は、広島県出身の瞑想家、エッセイスト。宝彩瞑想システム研究所の所長を務める人物であり、瞑想家として誰にでも気軽にできる瞑想法を独自に研究、指導している。瞑想に関する著書も多数。大阪大学経済学部を卒業。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+感情の整理術/池田書店)

著書

主な著書に『宝彩有菜の朝起き体操 目、耳、歯、足腰、内臓を鍛えて健康になる/池田書店』『お釈迦さまの言葉 心がどんどん明るくなる!/青春出版社』『感情の整理術 不安のスパイラルから脱して「きもち」がらくになる/池田書店』『瞑想で始めるしあわせ浄化生活/マイナビ』『瞑想のすすめ/池田書店』『もし、今日が人生最後の日ならどう過ごしたらいいのだろう/青春出版社』『ラクラク瞑想で心をスッキリ/マガジンハウス』『楽しもう。瞑想 心に青空が広がる/光文社』『どこでもできるはじめての瞑想 ココロもカラダもすっきり元気になる!/イースト・プレス』『「考えすぎない」練習帳/三笠書房』『いちばんやさしい瞑想入門/宝島社』『気楽にサトル生き方/ぱる出版』『心と体がスッキリする「1日15分」瞑想法/PHP研究所』『5分間で新しい自分になれる本/廣済堂出版』『心がどんどん晴れる 気楽なさとり方/日本教文社』などがある。

宝彩有菜の名言集

人生はすべて取り返しがつく
と思っていると

どんなことも勇気を持って
進んで行けます。

ありがたいと思えること
を数えてみましょう。

感謝ばかりを考えていると
不平不満を考える
隙間がありません。

苦しい感情の元は
状況を自分の思い通りにしたい
という強欲です。

気分の悪い感情とか
いやな感情とかが発生したら

その元に必ず
欲が横たわっています。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る