内山文治の名言

内山文治のプロフィール

NO-IMAGE

内山 文治(うちやま ふみはる/1941年-/男性)は、福岡県出身の実業家。高齢者介護施設や飲食事業、カラオケ事業などを手掛けるウチヤマホールディングスの創業者。家業であった内山米穀を継ぎ、1971年に不動産事業を行う内山ビルを設立。1991年に飲食・カラオケ事業、2003年に介護事業へ進出。2006年各事業会社の持ち株会社ウチヤマホールディングスを設立。2014年に東証一部上場を果たす。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+Buzip/株式会社ディーノシステム)

内山文治の名言集

人に見返りを求めずに
何かを与えれば
必ず相手は喜んでくれ

それが今度は自分の行動の
エネルギーとなって返ってくる。

人間は贅沢ばかりしても
たかが知れている。

必要以上の者を求めても
虚しさしか残らない。

起きて半畳
寝て一畳

天下取っても
二合半。

100-1は99やない
100-1はゼロや。

100人の(社員の)内1人でも
失礼な態度をしたら
信用はゼロ。

100人いれば100人
徹底したこだわりのサービス
喜んでもらうこと。

さすがやね。
(と言われること)
これが大事やね。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る