阿部佳の名言

阿部佳のプロフィール

阿部佳

阿部佳(あべ けい/1959年10月26日-/女性)は、東京都出身のコンシェルジュ。日本におけるコンシェルジュの草分けとして知られる人物。中学生時代に父の海外出張についていき、その時にヨーロッパでコンシェルジュという職業に出会う。コンシェルジュに憧れを持つようになるが、当時の日本にはコンシェルジュという役職がなかったため、慶應義塾大学卒業後はパルコに入社。その後、ソニーの井深大が設立した財団法人幼児開発協会に移る。社会人になって約10年が経った頃、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルのオープン広告を電車で目にし、コンシェルジュ職に応募。1992年に晴れてコンシェルジュとなる。当時の日本にはプロのコンシェルジュと呼べる人がほぼいなかったため、手探りでコンシェルジュの仕事を構築していき、世界の一流コンシェルジュたちで構成される「レ・クレドール」の名誉会員に認定されるなど日本を代表するコンシェルジュの一人となる。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社+プロフェッショナル 仕事の流儀/NHK)

著書

主な著書に『お客様の“気持ち”を読みとく仕事コンシェルジュ ホスピタリティのプロを目指すあなたへ/秀和システム』『わたしはコンシェルジュ/講談社』などがある。

阿部佳の名言集

誠実って何かと言うと
それは見返りなしに
この人のために何かしたい

この人が喜んで
笑顔になってくれたら嬉しい
と感じる心。

その気持ちが根にあれば
本物のおもてなし。

この辺でいいかっていう
ごまかしは絶対にいけない。

プロ意識を持って
本気で真面目にやらないと

日によって出来が違ったり
調子の悪い日は成果が
下がったりするでしょう。

だから
どんなに簡単な仕事
小さな仕事でも

常に真剣に120%の心を
注いでやることです。

(プロフェッショナルとは?
聞かれて)

ひとつのことに関して
昨日より今日
今日より明日

もっと前に進もう
もっと先をめざそう

という努力を
いつも自然に
楽しんでいる人。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る