ジャン=フランソワ・ミレーの名言

ジャン=フランソワ・ミレーのプロフィール

落穂拾い ジャン=フランソワ・ミレー

ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-Francois Millet/1814年10月4日-1875年1月20日/男性)は、19世紀に活躍したフランスの画家。テオドール・ルソーやディアズ、トロワイヨン、カミーユ・コローなどと並びバルビゾン派(バルビゾン村に周辺で風景や農民の風俗を描いた画家達)を代表する人物の一人。大地とともに逞しく生きる農民の姿を崇高な宗教的感情を込めて描いた作品で知られ、農業国であった日本でも早くから親しまれた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

代表的な作品に『落穂拾い』『種まく人』『晩鐘』『春』『古い塀』などがある。

ジャン=フランソワ・ミレーの名言集

他人を感動させようとするなら
まず自分が感動せねばならない。

そうでなければ
いかに巧みな作品でも
生命を持たない。

芸術は慰みの
遊びではない。
それは闘いである。

ジャガイモのほうが
ザクロよりも劣っているなんて
誰かが断定できるというのか。

一番大切なのは
それぞれが自身の仕事を
常に進化させるように
励むことである。

本当にものを観る
というのは
目が開いているだけでは
足りない。

心で感じているか
どうかである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る