プーシキンの名言

プーシキンのプロフィール

プーシキン

アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(Ludwig Andreas Feuerbach/1804年7月28日-1872年9月13日/男性)は、ロシア近代文学を代表する詩人作家。作品のなかに積極的に口語を取り入れて独自の語りの文体を作り上げ、近代文章語を確立した人物として知られ、後代のロシア文学に大きな影響を与えた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作(詩・戯曲・韻文小説・散文・短編等)に『ルスラーンとリュドミーラ』『バフチサライの泉』『ポルタヴァ』『エヴゲーニイ・オネーギン』『青銅の騎士』『スペードの女王』『大尉の娘』『ピョートル大帝のエチオピア人』『プガチョーフ叛乱史』『漁夫と魚の物語』『金の鶏の物語』『サルタン王の物語』『ベールキン物語』『ボリス・ゴドゥノフ』『ジプシー』『コーカサスの虜』などがある。

プーシキンの名言集

決定を
あせってはいけない。

一晩眠れば
よい知恵が出る。

失敗には
達人というものはない。

人は誰でも
失敗の前には凡人である。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る