リチャード・ニクソンの名言

リチャード・ニクソンのプロフィール

リチャード・ニクソン
書籍一覧

リチャード・ニクソン(Richard Milhous Nixon/1913年1月9日-1994年4月22日)は、アメリカ・カリフォルニア州出身の政治家アメリカ合衆国第37代大統領を務めたことで知られる人物であり、冷戦下においてデタント政策(対立関係の緊張緩和策)を推進し、ソビエトとの核兵力の削減やベトナム戦争の終結、中国との国交成立など平和主義に尽力。また、環境保護局の設置など公害の抑制や環境保護にも力を注いでいた。政治家になる前は、弁護士として活動していた人物であり、自らの弁護士事務所を開いていたが、1941年に物価統制局に転職。翌年にアメリカ海軍に入隊。第二次世界大戦の終戦後に、弁護士に復帰し、ペプシコーラの世界進出にも協力。1946年に下院議員に選出。その後、副大統領を経て、1960年の大統領選挙に出馬(落選)。大統領選挙落選後に、弁護士活動を一時的に再開し、カリフォルニア州知事選挙(落選)を経て、再度1968年の大統領選挙に出馬(第37代合衆国大統領に就任)。ウォーターゲート事件(政権による野党盗聴への関与と司法妨害が明らかになったアメリカの政治スキャンダル)の責任を取って辞任したため、1980年代頃まではその功績が過小評価されていたものの、ベトナム戦争における南ベトナムからのアメリカ軍の完全撤退や冷戦当時ソ連と対立していた中国の承認など、主に外交面で高い評価を獲得している。また、内政的にもアメリカ環境保護局(EPA)の設置や高速道路の最高速度制限の制定、麻薬取締局(DEA)の設置など大きな功績を残している。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

要職

主な要職に「アメリカ合衆国 第37代大統領(任期:1969年1月20日-1974年8月9日)」「アメリカ合衆国 第36代副大統領(任期:1953年1月20日-1961年1月20日)」など。

リチャード・ニクソンの名言集

人間は、
負けたら終わりなのではない。

あきらめたら、
終わりなのだ。

才能や能力などではなく、
その精神によって、
それぞれの人生には大きな差ができる。

偉大な目的に没頭したことがない者は、
まだ人生の正念場を経験していないのだ。

人は何かに没頭してはじめて、
自分が何者か知ることができる。

成功者は、
決断を即時に行える
習慣をもっているものだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る