コンラッド・ヒルトンの名言

コンラッド・ヒルトンのプロフィール

コンラッド・ヒルトン

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン(Conrad Nicholson Hilton, Sr./1887年12月25日-1979年1月3日/男性)は、アメリカ・ニューメキシコ州出身の実業家。ヒルトンホテルの創業者として世界的に著名な人物。軍人養成学校を経て、第一次世界大戦中にフランスへ従軍。退役後に銀行家になろうと買収先の銀行を探していたところ、モブレー・ホテルを見つけ1919年に買収。しだいにホテル経営に才覚を発揮するようになり、1930年にヒルトン・ホテル最初の高級ホテル「エル・パソ・ヒルトン」(後のプラザ・ホテル)をオープン。世界恐慌期に破産寸前の窮地に追い込まれるが、見事に立て直し1946年に「ヒルトン・ホテルズ・コーポレイション」を設立。 (参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

コンラッド・ヒルトンの名言集

成功する人は
動き続けている。

間違いを犯すことはあっても
決して立ち止まることはない。

時間の問題ではない。
それは選択の問題だ。

どんなに偉くなったって
世の中というのは

自分一人の力では
生きられないように
できている。

常に大きくありなさい。
大きく考え、大きく行動し
大きな夢を見なさい。

椅子に座ったまま
楽をしていたら
何も得ることは出来ない。

何か大きなことを
成し遂げようと思ったら

まずは大きな夢を見なければ
始まらない。

大きな木に育つには
何年もかかるかもしれないが

私たちはドングリを
植えるところから
スタートしなくてはいけない。

花を見たいのならば
種を植える必要がある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る