ベンジャミン・シールドの名言

ベンジャミン・シールドのプロフィール

ベンジャミン・シールド

ベンジャミン・シールド(Benjamin Shield)は、アメリカのモチベーション・コーチ「リチャード・カールソン(Richard Carlson)」との共著などで知られる自己啓発作家。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作(邦訳書/共著含む)に『私にとって神とは何か 人類の精神的リーダーたちのことば/たま出版』『小さなことを大きな愛でやろう/PHP研究所』『魂をみがく30のレッスン/角川書店(同朋舎)』『癒しのメッセージ 現代のヒーラーたちが語るやすらぎと治癒の秘訣/春秋社』などがある。

ベンジャミン・シールドの名言集

魂を探究するには
ふたつのことが大切になる。

それは謙虚さと
無知を認めることだ。

手放すこと。
これは人類が直面する
最も困難な事の一つだ。

私たちは自分で作った
いらないものは
不要だとは認めない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る