パリス・ヒルトンの名言

パリス・ヒルトンのプロフィール

パリス・ヒルトン

パリス・ホイットニー・ヒルトン(Paris Whitney Hilton/1981年2月17日-/女性)は、アメリカ・ニューヨーク出身のファッションモデルファッションデザイナー女優。曽祖父はヒルトンホテル創業者のコンラッド・ヒルトン(Conrad Hilton)。幼い頃からモデルとして活動し、人気ファッション雑誌の表紙を飾る一方でデザイナーとしても活躍し、ファッションアイテムのプロデュース・デザインも手掛ける。また女優として映画やドラマなどに出演するほか、歌手としてアルバムリリースを行うなど幅広い活動をみせている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

出演作品

主な出演作品(映画等)に『Wishman/1991年』『Sweetie Pie/2000年』『ズーランダー Zoolander/2001年』『Nine Lives/2002年』『QIK2JDG/2002年』『L.A. Knights/2003年』『Wonderland/2003年』『ハットしてキャット – The Cat in The Hat/2003年』『Win a Date with Tad Hamilton!/2004年』『パリス・ヒルトン in ビバリーヒルズの誘惑 – The Hillz/2004年』『Raising Helen/2004年』『蝋人形の館 – House of Wax/2005年』『Bottoms Up/2006年』『プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国 – National Lampoon’s Pledge This!/2006年』『The Hottie and the Nottie/2008年』『REPO! レポ/2008年』などがある。

パリス・ヒルトンの名言集

いつも見えない王冠を
頭に付けているつもりで
振舞うこと。
私はいつもそうしてるわ。

見た目がどうかなんて
関係ない。

その人が魅力的に
見えるかどうかは
自分に自信があるかどうかよ。

人生は短いのよ。
全部の服を着ている
時間はないの。

天気の心配なんて
する必要はないの。

自分自身が
輝けばいいだけなんだから。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る