東井義雄の名言

東井義雄のプロフィール

東井義雄

東井 義雄(とうい よしお,ぎゆう/1912年4月9日-1991年4月18日/男性)は、兵庫県豊岡市出身の教育者僧侶(浄土真宗)。小学校教師として奉職し多くの著作を残したほか、東光寺の住職も務めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作・関連書籍に『子どもの心に光を灯す 父母と教師はいま何をなすべきか/致知出版社』『東井義雄一日一言 いのちの言葉/致知出版社』『自分を育てるのは自分 10代の君たちへ/致知出版社』『仏の声を聞く/探究社』『東井義雄「いのち」の教え/佼成出版社』『家にこころの灯を/探究社』『母のいのち子のいのち/探究社』『おかげさまのどまんなか/佼成出版社』『育てられる 宗教心は家庭から/探究社』『喜びの種をまこう 誰でもできる無財の七施/柏樹社』『輝くいのち輝く子ども/探究社』『いのちの根を育てる学力 人間の回復/国土社』『若い教師への手紙シリーズ/明治図書出版』『どの子も必ず救われる 私の家庭教育論/明治図書出版』などがある。

東井義雄の名言集

本物は続く。
続けるから
本物になる。

生きている
健康である

手が動く
足で歩ける

目が見える
耳が聞こえる

この当たり前のことの中に
ただごとでない幸せがある。

生きているということは
死ぬいのちを
かかえているということ

うれしいような
さびしいような

愛しくてならぬ
この なまあたたかい
生きているということの
肌ざわり

今が本番
今日が本番
今年こそが本番

明日がある
明後日がある
と思っている間は
なんにもありはしない

肝心な今さえ
ないんだから

天に向かって
ブツブツ言うな

雨の日には雨の日の
生き方がある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る