ラリー・ニーヴンの名言

ラリー・ニーヴンのプロフィール

The Legacy of Heorot ラリー・ニーヴン

ラリー・ニーヴン(Larry Niven/1938年4月30日-/男性)は、アメリカ・カリフォルニア州出身のSF作家、小説家。本名はローレンス・ヴァン・コット・ニーヴン(Laurence van Cott Niven)。ヒューゴー賞やローカス賞、ネビュラ賞を受賞した『リングワールド』をはじめとしたSF小説で高い人気を集めている作家であり、Land of the Lostやスタートレック(アニメ版)などのSFテレビ番組の脚本も手掛けた。また、ファンタジー世界を題材にした作品も多く、魔法を再生不可能な資源として描いた『魔法の国が消えていく』シリーズなども人気が高い。ちなみに『魔法の国が消えていく』シリーズに描かれた魔法のエネルギー資源「マナ」という設定は、後の多くのファンタジー作家やゲーム作家に受け継がれた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作に『リングワールド・シリーズ』『リングワールド・コンパニオン・シリーズ』『Man-Kzin War アンソロジー・シリーズ』『Man-Kzin 小説シリーズ』『アヴァロン・シリーズ』『ノウンスペース・シリーズ』『インフェルノ・シリーズ』『モート・シリーズ』『ゴールデンロード・シリーズ』『ドリーム・パーク・シリーズ』『ザ・ステート・シリーズ』『魔法の国が消えていく・シリーズ』など多数。

ラリー・ニーヴンの名言集

頭はときどき空っぽにして
可能性に席を空けてやろう。

すべては
空想から始まる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る