ゲオルギウの名言

コンスタンチン・ビルジル・ゲオルギウのプロフィール

コンスタンチン・ビルジル・ゲオルギウ

コンスタンチン・ビルジル・ゲオルギウ(Constantin Virgil Gheorghiu/1916年9月15日-1992年6月22日/男性)は、ルーマニアの作家。1949年の小説「The 25th Hour」の作者として知られる人物。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作に『Ora 25(The 25th Hour)/1949』『La seconde chance/1952』『Le peuple des immortels/1955』『Saint Jean bouche d’or/1957』『La cravache/1960』『Perahim/1961』『La vie de Mahomet/1963』『La jeunesse du docteur Luther/1965』『Le meurtre de Kyralessa/1966』『Pourquoi m’a-t-on appele Virgil?/1968』『L’espionne/1973』『Les inconnus de Heidelberg/1977』『Les amazones du Danube/1978』『Dieu a Paris/1980』など多数。

コンスタンチン・ビルジル・ゲオルギウの名言集

いかなる不幸の中にも
幸福がひそんでいる。

どれが良いことで
どれが悪いことか
我々が知らないだけだ。

たとえ明日
世界が滅びるとしても

私は今日
林檎の樹を植える。

孤独はこの世で
最も怖ろしい苦しみだ。

どんな恐怖でも
みんなと一緒なら堪えられる。

だが孤独は
死に等しい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る