クリストファー・リーヴの名言

クリストファー・リーヴのプロフィール

クリストファー・リーヴ

クリストファー・リーヴ(Christopher Reeve/1952年9月25日-2004年10月10日/男性)は、アメリカの俳優映画監督。映画『スーパーマン』シリーズで主演を務めたことで有名な人物。1974年にコーネル大学を卒業し、ジョン・ハウスマン(俳優)の指導するジュリアード音楽院に入学。舞台やテレビの昼ドラマなどを経て、1978年に映画『スーパーマン』の主演に抜擢。同映画で英国アカデミー賞新人賞などを受賞。1995年に乗馬中に落馬し、脊髄損傷により下半身不随となってしまう。リハビリに専念するために映画出演からほぼ引退していたが、1999年にはテレビ映画『裏窓』で車椅子に乗った主人公役を演じた。また、妻のディナと共に「クリストファー・アンド・ディナ・リーヴ麻痺資源センター」をニュージャージー州に開設し、身体の麻痺に苦しむ人たちの支援活動も行った。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(邦訳書)に『車椅子のヒーロー あの名俳優クリストファー・リーブが綴る「障害」との闘い/徳間書店』『あなたは生きているだけで意味がある/PHP研究所』などがある。

クリストファー・リーヴの名言集

(「ヒーローとは何?」
と聞かれて)

どんな障害にあっても
努力を惜しまず

耐え抜く強さを
身につけていった
ごく普通の人。

どんなことだって
やればやっただけ
できるようになるんだ。

(下半身不随になって)
最初は自殺も考えた。

だけど子供たちに会えた時
脳が無事だったことに
僕は幸せを感じたよ。

僕は身体的な障害に
生き方なんて左右されない。

こんなの治してやるんだ
と思っていれば
希望はいつもそこにある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る