北原白秋の名言

北原白秋のプロフィール

北原白秋

北原白秋(きたはら はくしゅう/1885年1月25日-1942年11月2日/男性)は、近代の日本を代表する詩人童謡作家歌人の一人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。生涯において多くの詩歌を発表したほか、現在にも歌い継がれている童謡も数多く残した。三木露風と共に著しい活躍を見せ、その時代は「白露時代」と称されている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な詩集に『邪宗門』『思ひ出』『東京景物詩及其他』『畑の祭』『真珠抄』『白金之独楽』『水墨集』『海豹と雲』『新頌』などがある。 主な歌集に『桐の花』『雲母集『雀の卵』『観相の秋』『風隠集』『海阪』『白南風』『夢殿』『渓流唱』『橡』『黒檜』『牡丹の木』などがある。

北原白秋の名言集

誰もみな
善い美しいものを見たときに

自分もまた
善くならなければならない
と考へる貴重な反省。

最も秀れた
精神に根ざしたものは

人心の内奥から涙を誘ひ
洗ひ清めるのである。

薔薇ノ木ニ
薔薇ノ花サク
ナニゴトノ
不思議ナケレド。

苦悩は我が霊魂を
光らしむ。

自分の弱さを
心から知り得た時
人は真から強くなる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る