伊達政宗の名言

伊達政宗のプロフィール

伊達政宗

伊達政宗(だて まさむね/1567年9月5日-1636年6月27日/男性)は、「独眼竜」の異名で知られる戦国武将、仙台藩初代藩主。戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した人物であり、豊臣家(秀吉→秀頼)や徳川家(家康→秀忠→家光)に仕えた。戦国屈指の教養人としても知られる。幼少時に病(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世に独眼竜の異名で呼ばれた。父は伊達輝宗、母は義姫(最上義守の娘/最上義光の妹)。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

伊達政宗の名言集

気長く心穏やかにして
この世に客に来たと思えば
何の苦もなし。

朝夕の食事は
うまからずとも
誉めて食うべし。

元来、客の身なれば
好き嫌いは申されまい。

仁に過ぎれば
弱くなる。

義に過ぎれば
固くなる。

礼に過ぎれば
諂いとなる。

智に過ぎれば
嘘をつく。

信に過ぎれば
損をする。

勇をたのみに
がむしゃらに
相手を選ばず戦っている。

これは弱冠の者の
行為である。

強い相手を避け
弱い者を選んで戦い
進退のツボを心得る。

これは壮年にならなければ
出来ぬことだ。

大事の義は
人に談合せず
一心に究めたるがよし。

(一番大事なことは
人に相談せずに
自身の心で決めるべきだ)

物事、小事より
大事は発るものなり。
油断すべからず。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る