橘曙覧の名言

橘曙覧のプロフィール

独楽吟 橘曙覧

橘 曙覧(たちばな の あけみ/1812年-1868年10月13日/男性)は、越前国石場町(福井県福井市)出身の歌人。「たのしみは」で始まる一連の歌集「独楽吟」で知られる人物であり、清貧の中での家族の暖かさを描いた歌が多い。1994年に今上天皇・皇后がアメリカを訪問した折、ビル・クリントン大統領が挨拶のスピーチで橘曙覧の歌の一首「たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時」を引用したことで再び脚光を浴びた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作に『独楽吟』などがある。

橘曙覧の名言集

楽しみはまれに魚を煮て
子供たちがうまいうまいと
言いながら食べるとき。

<原文>

たのしみは
まれに魚煮て児童皆が
うましうましといひて食ふ時

楽しみは朝起きて
昨日まではなかった
花が咲いているのを見る時

<原文>

たのしみは
朝おきいでて
昨日まで無かりし
花の咲ける見る時

楽しみは気心の知れた友達と
腹をよって笑う時。

<原文>

たのしみは心おかぬ友だちと
笑ひかりて腹をよるとき

楽しみは妻子供と
むつましく暮らし
顔を合わせて食事をする時

<原文>

たのしみは
妻子むつましくうちつどり
頭ならべて物を食ふ時

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る