佐藤敏信の名言

佐藤敏信のプロフィール

NO-IMAGE

佐藤敏信(さとう としのぶ/1962年8月15日-/男性)は、トヨタ自動車陸上長距離部監督などを務める陸上競技指導者、元陸上競技選手。秋田県立増田高校を卒業後、小西六(後のコニカミノルタ)に入社。現役時代は北京国司マラソン3位などの成績を残す。その後、指導者としての道に進み、1995年にコニカミノルタコーチに就任。2005年に同ヘッドコーチに就任。全日本実業団対抗駅伝で6度の優勝を飾る。都道府県駅伝・愛知県男子監督、日本実業団陸上競技連合強化委員なども歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+トヨタ自動車陸上長距離部監督公式ホームページ+月刊致知/致知出版社)

佐藤敏信の名言集

大事なのはビジョン
目標を達成するために
何をするかを考えること。

入社当時というのは
誰もが高い目標を
持っているんです。

ところがそれが
一年、二年経つうちに
だんだん薄れてくる。

気持の部分で
妥協するんです。

大事なのはどう
思いを持続させることが
できるかということ。

やり続けるということは
自分の夢に向かって

日々、苦労しながら
挫折しながら

ちょっとずつでも
前進していくという
自分との闘い。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る