中村宏之の名言

中村宏之のプロフィール

中村宏之

中村宏之(なかむら ひろゆき/1945年6月9日-/男性)は、北海道富良野市出身の陸上競技指導者、元陸上競技選手。福島千里(女子100m/200mの日本記録樹立者)、北風沙織(女子100m国体3位/アジア選手権8位)、寺田明日香(女子100mハードル日本選手権2連覇)などの短距離走選手を指導したことで知られる人物。現役時代は三段跳びの選手として活躍し、東日本実業団陸上競技選手権などで優勝を経験。その後は指導者へとなり、北海道恵庭北高等学校や恵庭北高等学校で陸上の指導にあたり、北海道ハイテクアスリートクラブ(ハイテクAC)の監督に就任。世界レベルで活躍する選手たちの指導を行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『日本人が五輪100mの決勝に立つ日/日本文芸社』『福島千里の走りを身につける! 中村式 走力アップトレーニング/洋泉社』などがある。

中村宏之の名言集

同じことを繰り返すだけの
練習はご法度(はっと)。

飽きてしまうと
練習効果が薄れる。

心と体が
喜ぶ練習をしなさい。

日本人はとにかく
苦しい練習が大好きで

「その苦しさの先に
栄光がある」みたいな
観念があるんですよ。

喜びを感じるような
部分も残して

体も折れない
心も折れない練習を
させてあげないと。

自分の夢、目標がまずあって
それを信念を持って貫く。

途中で目標値が
下がってしまうような
選手はダメです。

「この目標まで行くんだ」
というものを常に持って
頑張っていれば

たとえそれがなし得なくても
それは将来、その人にとって
大きな財産になる。

やめるのは簡単で
続けるのは難しいんです。

でもやっぱり続けることで
得られるものの方が
遥かに大きいですよ。

途中でやめたら
何も掴めないままですからね。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る