三浦梅園の名言

三浦梅園のプロフィール

三浦梅園

三浦梅園(みうら ばいえん/1723年9月1日-1789年4月9日/男性)は、豊後国(現在の大分県国東市)の出身の思想家、自然哲学者医者。「梅園三語」と呼ばれる『玄語』『贅語』『敢語』で著名な江戸時代の思想家であり、その他にも詩学概論の『詩轍』、経世論の『価原』、医学書の『身生餘譚』『造物餘譚』などを残した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作に『玄語』『贅語』『敢語』『詩轍』『価原』『身生餘譚』『造物餘譚』『浦子手記』などがある。

三浦梅園の名言集

知識というものは
それが学習者の心に同化し

かつその人の性格に
表れる時のみ
真の知識となる。

学問は
飯と心得るべし。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る