手品師+マジシャンの名言 一覧

手品とは?

マジシャン
書籍一覧

手品(てじな / 英語:magic)とは、人間の錯覚や思い込みを利用してあたかも「実現不可能なこと」が起きているかのように見せかける芸のこと。ただし、合理的に説明できない超自然な能力であるとされる「超能力」とは違い、手品は合理的な原理を用いているのが特長。古くは「手妻」(てづま)、「品玉」(しなだま)とも呼ばれていたとのこと。また、手品を行う者は「手品師」「マジシャン」「奇術師」などと呼ばれている。主な手品の種類には「カードマジック」「コインマジック」「ロープマジック」「シルクマジック」「イリュージョン」などがある。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

手品師+マジシャン 一覧

か行

果心居士(かしんこじ)
室町時代末期に活躍した幻術師

な行

中 辰哉(なか たつや)
コミュニケーションコンサルタントとしても活躍するマジシャン、実業家

ま行

マギー司郎(まぎーしろう)
とぼけた茨城訛りのトークで人気の手品師・タレント

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る