ヨハン・ペーター・エッカーマンの名言

ヨハン・ペーター・エッカーマンのプロフィール

ヨハン・ペーター・エッカーマン

ヨハン・ペーター・エッカーマン(Johann Peter Eckermann/1792年9月21日-1854年12月3日/男性)は、ドイツの詩人作家。『ゲーテとの対話』の著作として知られる人物であり、ゲーテの後半生において彼と交流し秘書も務めたほか、フリードリヒ・ヴィルヘルム・リーマーと共にゲーテ全集を作り上げた共編者でもある。また、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国の評議員となり、大公妃の司書を務め、ワイマール王室図書館長などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作に『ゲーテとの対話』『詩に対する寄稿論文』などがある。

ヨハン・ペーター・エッカーマンの名言集

苦しみは
人間の偉大な教師である。

人は苦しみの中で
成長する。

もし行わなければならない
義務が二つあり

それらが矛盾する場合には
自分にとって
困難な方を選びなさい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る