土屋公三の名言

土屋公三のプロフィール

土屋公三

土屋 公三(つちや こうぞう/1941年-/男性)は、北海道出身の実業家。住宅メーカー「土屋ホーム」の創業者。札幌啓北商業高校を卒業後、梱包資材メーカーや不動産会社勤務を経て、1969年に土屋商事(後の土屋ホーム流通部)を設立。1977年には土屋建設(後の土屋ホーム住宅事業部)を設立して、注文住宅業界に進出。北海道有数の住宅メーカーにまで成長し、東証二部上場も果たす(北海道の住宅メーカーが上場したのは史上初)。1989年には財団法人ノーマライゼイション住宅財団を設立し理事長に就任。また、優良企業を作り上げたノウハウや自身をの経験を元に3KMプログラムを発案。個人・家庭・会社において、目標(Mark)・管理(Management)・意欲(Motivation)の観点から人生設計を組み立てることを提唱している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書(監修書含む)に『創る使う変わる3KM手帳革命/出版文化社』『21世紀人のための大いなる生き方 すべてのカギとなる未来のシナリオ/サンマーク出版』『3KM手帳シリーズ/出版文化社』『生きがい、やりがいを育てる 土屋ホーム、成長の軌跡/致知出版社』などがある。

土屋公三の名言集

目の前に与えられた仕事に
徹底的して打ち込むこと。

それが夢や志を
実現するための絶対条件。

人生の分かれ道は
五日目にある。

三日坊主という
言葉があるように
三日間は誰でも
続けることができる。

しかし、四日目で挫折したり
諦めてしまうことが
往々にしてある。

大事なのは次の日
つまり五日目を
どう過ごすかである。

ここで再び
挑戦していく人が
概して成功しているのだ。

私の二十代は
挫折や失敗の連続だった。

しかし、そこで
倒れたまま
終わるのではなく

一ぺん倒れたら
また立ち上がり
不遇の時も腐らずに
学び続けた。

その姿勢なくして
いまの自分はあり得ない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る